ジイスティック改造化計画




 Thrustmaster社、CH-Products社などのジョイスティックは非常に完成されたもので、世界的に評価されており、使用している方も多い。これはWarren大尉の独断と偏見だが、本格的にフライトシムを楽しもうと思っている方のほとんどは、両メーカーのスティックを所持しているか、または購入したいと思っているのではないか。

 しかしながら、両メーカーのスティックとは言え、フライトシムをやり込むにつけ不満に思う点などが出てくるはずだ。中央付近の感度/精度の低いThrustmaster、アメリカ人の手を基準にしたと言われるサイズの大きさ、CH社の柔らかすぎるバネ、固定しにくい筐体、押しにくい一部のスイッチ……。

 上に挙げたような不満点をもたれている方は、少なからず存在するはずであるし、Warren大尉もMLやインターネット上のいくつかの場所で、このような不満を耳にしてきた。そこで、家庭で簡単にできる改造で、最も需要の高いと思われる幾つかの改造を以下で解説してみたので、ぜひ参考にしてほしい。一部の改造は、CH社やThrustmaster社のスティック以外にも応用できるものであるから、ぜひ試してみてほしい。


CH&TM 秘密のパッドを装備せよ

CH 禁断の可変抵抗交換術

CH 内部ばね交換改造

ジョイスティック固定のススメ

Saitek-X36 大改造!? (Wパッド装着)

 




もちろん、上記の改造はメーカーの保証外であり、この改造を行ったことにより諸君にいかなる損害が起きようと、Warren大尉は一切の責任を負わないものとする。すべては諸君の責任のもとで改造していただきたい。しかしながら、電子メールML等で各種質問には可能な限り答えて行くので気軽に質問してほしい。


君は今のスティックに、満足しているか!?

PC-Topgunタイトルページに戻る
広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー